スピッツ『醒めない』全曲感想いきます!

シェアする

スピッツの記事が続いています(笑)、月波です。

お待たせしました(←自分に)

新アルバム『醒めない』、聴きまーす♪

「1週間前やん!」とか突っ込まないで……

※ご注意:『醒めない』を聴く予定の皆さまへ※

以下、月波個人の感想を綴ってまいります。

月波としては、購入を後押しするというよりも、「みんなどう聴いた?月波はこう聴いた!」と感想を持ち寄る記事にしたいです。

お手元の『醒めない』を聴いてから、ご覧ください!

まだの人は買って!(笑)

オープニング曲から心奪われる

月波が新アルバムを初めて聴く際は、まず一度、最初から最後まで通しで聴きます。

曲順も含めて、アルバムなので(`・ω・´)
(きっかけは、こちらの記事を参照されたし)

ということで、大事な大事な1曲目は……

醒めない

アルバムのタイトルにもなっている「醒めない」。

新アルバム発売前から、各メディアで披露されていた曲でもあります。

スピッツに限らず、アルバムと同タイトルの曲があるって、正直、面白く無いと思うんですよ(笑)。
せっかくのアルバムなんだから、全曲を踏まえて適切なタイトル付けてよと。
しかもオープニングを飾っているという……。

でもこれは許す!それくらい気に入りました。

先述のとおり、『醒めない』という幻想的なタイトルながら、ロックロックしているのが、スピッツのアルバム曲らしい!

軽快なパーカッションに、「運命の人」っぽい効果音の入った前奏。途中からトランペットが加わりどんどん盛り上がるこの曲は、アルバムの幕開けにふさわしい仕上がりになっています。

こりゃ確かに1曲目になるわと納得

歌詞もスピッツらしい。「ロック大陸」なんて言葉、スピッツにしか作れませんよ(笑)。
月波は「見知らぬ人が大切な人になり」にぐっときてます。

ちなみにスピッツのアルバムの中で、「アルバムと同タイトルの曲がオープニングを飾っている」作品は、以下の2つでした。結局、どちらも許す!(笑)

(4thアルバム『Crispy!』は、表記が違うのでノーカウント)

タイアップ曲がどんどん出てきます

みなと

NTT東日本 企業CMソング。イチローが登場するCMですね。

シングルCDとしても発売されています。

のびのびとしたメロディに乗せて、独特の歌詞を歌い上げる、でもなぜか世間受けしそうに仕上がっている、スピッツのシングル曲らしい1曲です。

それにしても、そんなスピッツの楽曲とイチローをCMに盛り込んだNTT東日本、恐るべし

だって、たしかに「光」と歌詞にあるし、『みなと』というタイトルも「port=拠点」ということで、NTT光回線に関連する気はするけど、「汚れてる野良猫」ですよ、「謎の光」ですよ、御社の事業に関係します?(笑)

スピッツの曲がTVCMで少しでも多く聴けるのはとてもいいことですが、よくこの曲を企業CMに選んだなぁと思います。

子グマ!子グマ!

今回のアルバムは、発売前に収録曲のタイトルが発表されても、「どんな曲だろう!?」と想像つかない曲が多かったです。

その中で最初に登場するのがこの曲。「子グマ」でいいじゃん(笑)。でもそれではいけないのが、スピッツなんですねぇ。
2つ重ねたうえ、びっくりマークも必要というw

クマといえば、2010年発売のシングル曲『シロクマ』。
こちらは、動物園のくまさんのイメージ。

一方「子グマ!子グマ!」は、ずっとシリアスな曲で、こっちのくまさんの方が荒々しい感じがします(笑)。

同時に、やんちゃなイメージもあって、「テッド」を思い浮かべちゃいました。(こっちは「小グマ」ですがw)

コメット

最初、通しで聴くときは、歌詞カードもあまり見ません

なので、「彗星(comet)? にわとり(養鶏の一種)?」と疑問に思っていましたが、歌詞を聴いて分かりました。金魚のコメットですね。

個人的に、育児と両立させながらの仕事に悩む、今の自分にぴったりだと思いながら聴いていたところ、後で知って納得。フジテレビ系連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の主題歌だったんですね!

歌詞をじっくり読むと恋愛ソングなのですが、それでも社会人ドラマに合っていて、仕事に追われている人にも聴いてほしい1曲です。

初めて聴くのに懐かしい、でも確実に変わりつづけている

ここからどんどん、ノータイアップ曲が登場しますよ!

1回目は、早く全曲聴きたくて、「次の曲次の曲!」とさらっと流してしまうのですが……その分、後からじわじわくる曲たちです。

ナサケモノ

時計の針の音に、電話の音?タイピングの音?
タイトルといい、前奏の音といい、不思議な曲。

が、「コメット」から続いて、仕事で悩む自分を重ね合わせてしまいました。特に、時計の音が、時間に追われる現代人を表しているように聴こえて……。

タイトルの意味は、曲を聴くとすぐに分かります。
2番はそれが「逝けてない屍」になりますからね……ほんわかな曲調に怖ろしい単語が混じっているので、スピッツのアルバム曲は油断ならないです(笑)。

グリーン

清涼飲料水のCMになりそうな(笑)、爽快感あふれる1曲。

「コピペで作られた 流行りの愛の歌」なんて、スピッツ結成時には無かったであろうワードをまじえつつ……そりゃコピペで作ったらあかんやろ!

スピッツでなければ書けない歌詞が、ここにもあふれています。

タイトルに色が入った曲は、そこそこありますが、緑系は初めて!

結成まもなく30周年にして、スピッツの歴史にまた新しい一歩が刻まれました。

SJ

相変わらず謎のタイトルが続きます。。

1回目は「グリーン」「SJ」とさらっと聴いてしまいましたが、何度も聴いているうちに、力強いこの曲は、『醒めない』前半の締めくくりの曲になっているのかな、と思いました。

『醒めない』けれど「夢のかけらは もう拾わない」という歌詞がまた心憎い。

そしてふと、「SJ」を検索して、震えました。

Wikipedia「SJ」より:

国名コード(ISO 3166-1)で、スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島を示す。

スヴァールバル諸島……スピッツファンクラブ名の由来となった、「Spitzbergen島」がある場所なのです!

狙ったか偶然なのか分かりませんが、検索してみるものですね。

ちなみに「Spitzbergen島」は、人が定住する島としては世界最北に位置します。
心なしか、曲のイメージが、最果ての島に合うような……。

ハチの針

虫好きで有名なボーカルの草野さんですが、とうとうハチの「針」をタイトルにしてしまいました……。

しかしこれぞ、月波の待ち望んでいたスピッツのアルバム曲!

シングル曲はどうしても「爽やか」「癒し」など、優等生になりがち。スピッツにハマってくると、良い子すぎてつまらないんですよ(笑)。

なので、こういうやんちゃなアルバム曲を聴くと、とっても嬉しくなりますw
今回はラップまで入っている……。スピッツ初じゃないか!?

タイトルも謎だったんですけど、「お相手=ハニー」に対してこっちは「ハチの針」と、うまく対にしているんですね。
「もしやネタ切れ?」と一瞬思った月波、大反省です。。

モニャモニャ

どんだけ続くんですか、謎のタイトル(爆)。
て、「モニャモニャ」は、ジャケットを飾るクリーチャーの名前だったのですね(汗)。

ということで、「醒めない」に続き、このアルバムの主役かもしれません。「ハチの針」から一転、童話を丸ごと歌にしたような、メルヘン調の1曲です。

世間一般のスピッツのイメージ通りですが、これもアルバムでなければ聴けない曲ですよね。シングルにするほどのインパクトは無い、でも、それがこの曲の味であり、これ以上のインパクトを求めると、とたんに良さが損なわれてしまう……。

「モニャモニャ」の設定含め、アルバム曲だからこそできる、遊びゴコロが詰まっています♪

ガラクタ

みなと』のカップリング曲。
トイピアノやソプラノリコーダーの音も入った楽しい曲調で、落ち着いた雰囲気の「みなと」とバランスを取っています。

歌詞も楽しそうなんだけど意味不明で(笑)、まさに「ガラクタ箱」もとい「おもちゃ箱」をひっくり返したような感じ

他人から見たらガラクタでも、本人にとっては宝物ってこともあるわけで。キラキラしているゴミ箱から、それを見つけるってことでしょうか(こじつけw)

狙ったのか知りませんが、「ゲスな指先」というワードをさらっと入れてくるのも、ほんと怖ろしいです(爆)

最後もタイアップ曲が登場するよ

ヒビスクス

「SUBARU フォレスター」CMソング。勢いのある曲調が、車のCMにぴったり!

CMで既に聴いていましたが、曲が始まってびっくり……CMで聴いた曲のイメージとまったく違う!

重厚感あるピアノの前奏は、すごく好き♪なんだけど……
CMソングは別の曲だったかなぁ?

でも、だんだん曲は表情を変えていき、見事、CMで聴いたサビに持っていくんですね。

これはあっぱれというしかありません!
重厚感ある前奏・Aメロ・Bメロも、勢いのあるサビも、最後にコーラスで盛り上がって、また静かな後奏に着地して終わるのも、全部好きになった!!

タイトルの「ヒビスクス」は、ハイビスカスのこと。
ここまで謎のタイトルが続いたので、これも造語かと思いましたが(笑)、英語で「Hibiscus」でした。PVロケ地がハワイなのも納得。

こちらも、ハイビスカスのイメージからは想像もつかないロックに仕立てていて、さすがスピッツ。

ブチ

Spitzbergen会員限定イベント「GO!スカ」でお披露目されていた曲。会場で聴いたときは、新曲の記憶を少しでもとどめておこうと必死でした(笑)。

今あらためて聴くと、「ハチの針」に続くやんちゃな曲で、ライヴ、しかもコアなファンが集うGO!スカの場にぴったりだと思います。

最後、終わると見せかけて終わらないところに、聴衆が引っ掛かるさまは、【Spitzbergen会員限定盤】特典『ボーナスCD「GO!GO!SCANDINAVIA VOL.6」のライヴ・アルバム』の中にもバッチリ収録されています(笑)。

雪風

テレビ東京系「ドラマ24 不便な便利屋」エンディングテーマ。

『雪風』聴きたさに「不便な便利屋」を視ましたが(笑)、岡田将生はじめお茶目なキャラクターが繰り出すコメディにぴったりの楽曲でした。

タイトルの「雪風」って、とっても厳しいものだと思うのですが、むしろ温かさを感じる曲です。そんなスピッツの不思議ワールドに包まれたまま、Aメロでほわっと終わります。

※追記※
ハッシュタグ企画に乗っかり、『雪風』に合うカクテルをご紹介しておりますので、併せてご覧ください♪

スピッツファンに捧げるカクテル3選! #スピッツの曲に合う飲み物を考えようの会 に乗ってみた
スピッツもカクテルも大好き(笑)、月波です。 そんな月波にぴったりのハッシュタグ企画を見つけてしまいました。 #スピッツの曲に合う飲...

締めくくりはこの曲!

こんにちは

これぞ、アルバムを曲順に聴く醍醐味!
最後の最後に「こんにちは」ですよ(笑)

でも確かに、エンディングっぽく聞こえます。
曲の長さもこのアルバム内で1番短く、潔く締めくくってくれる曲。

アルバムのタイトル『醒めない』から深読みしてみると、最後にようやく醒めて、次の世界に「こんにちは」となったところでおしまい、ということなのでしょうか。

ファンとしては、次の曲やアルバムに続く「こんにちは」であってほしいです♪

おわりに

やっと書けたーーーーー!

すみません、全曲書こうとすると、あっという間に時間が経ちますね。。

皆さんの『醒めない』の感想はいかがでしたか?

感想はもちろん、月波のレビューに対するツッコミも、どうぞ教えてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スピッツ『醒めない』全曲感想いきます!
この記事をお届けした
月波ライフの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!